『12人の怒れる男』

 

12angrymen_main

 

イレブンナインプレゼンツ dEBoo#1

『12人の怒れる男』

 

本作、舞台版『12人の怒れる男』は、1957年に上映されたアメリカ映画が基となり、これまでに世界中の多くの劇団やプロデュース公演などで扱われてきた。

舞台は蒸し暑い陪審員室。父親殺しの罪に問われた少年の裁判において評決に至るまでの一日が描かれる。

12人の役者達は一度も舞台から退場せずに二時間弱の時間、壮絶な討論を繰り広げる。派手な装飾や演出を一切排除した誤摩化しの効かない重厚なストレートプレイ。

密室サスペンス劇の代表とも言えるこ名作に、札幌内外で活躍する実力俳優達が真っ向から挑む。正義とは何なのか、人が人を裁くとはどういうことなのかを考えさせられる作品である。

 

【STORY】

ニューヨークの法廷。夏の暑い日。父親殺しの罪に問われたひとりの少年の審理が終わり、12人の陪審員が評決のため陪審室に集まった。陪審員の大半は少年の有罪を確信していた。全陪審員一致で有罪になると思われたところ、ひとりの陪審員が無罪を主張したことから物語は動き始める……。

 

作◎レジナルド・ローズ

訳◎額田やえ子

演出◎納谷真大

出演◎

久保隆徳(富良野GROUP) 

江田由紀浩 

河野真也(オクラホマ) 

小林エレキ(yhs)

能登英輔(yhs)

山田マサル(パインソー)

明逸人

青木一平(NEXTAGE)

大川敬介

小山佳祐(劇団アトリエ)

窪井響

納谷真大

 

2014年5月16日(金)〜19日(月)

全ステージ、前売券は完売致しました。

当日券はご用意する予定です。

当日券についての詳細は追ってお知らせ致します。

 

携帯からの予約はこちらをクリック!


[PR] ikea通販 二次会ドレス レンタル 給与計算代行 ベーシック スタイル

生活支援型文化施設コンカリーニョ

札幌市西区八軒1条西1丁目 ザ・タワープレイス1F 

☎011-615-4859 mail@concarino.or.jp

コンカリーニョHP/http://www.concarino.or.jp/

 

2014年2月14日(金)チケット発売開始!

チケット料金 一般◎前売り 2,800円/当日 3,000円 学生◎1,200円(前売り・当日)

ペアチケット◎5,000円(前売りのみ、Corichチケット!のみの取り扱い)

※日時指定、全席自由、税込(未就学児童入場不可)

 

チケット取り扱い◎

ローソンチケット ☎0570-084-004(Lコード17923)

Corichチケット! https://ticket.corich.jp/apply/52751/

NPO法人コンカリーニョ ☎011-615-4859

 

 

スタッフ

演出◎納谷真大 演出助手◎町田誠也(words of hearts)  

舞台美術◎高村由紀子 舞台監督◎上田知 照明◎上村範康 音響◎奥山奈々 音製作◎明逸人

衣装◎ELEVEN NINES 宣伝写真撮影・デジタルコラージュ◎クスミエリカ 宣伝美術◎小島達子 江田由紀浩

制作◎澤田未来 プロデューサー◎小島達子 ゼネラルマネージャー◎カジタシノブ(tab) 

協力◎クリエイティブオフィスキュー 富良野GROUP yhs 劇団アトリエ パインソー

   words of hearts ヨコヤマカツトシ 北あかり &border

企画制作◎ELEVEN NINES 共催◎NPO法人コンカリーニョ

 

・・・・・・・・・・・・

『12人の怒れる男』お問い合わせ◎info@eleven9.jp

☎090-2814-8575 ※留守電の際はメッセージをお残しください。

 

 

特設HPはコチラ→http://eleven9.jp/twelve/

 

【dEBooとは】

ELEVEN NINES内において、小島達子がプロデュースする企画。その第一弾が今回の『12人の怒れる男』です。

 

12kari_ol

Top